Top > 植物性グルコサミン

植物性グルコサミン

もともとグルコサミンはエビやカニの甲殻類に含まれているキチンを原料として大半が製造されています。
しかし、残念なことに、エビやカニの甲殻類にはアレルギー物質が含まれるため飲むことができない人も多くいらっしゃいます。
そこで、日本の優れた醗酵技術を応用し、トウモロコシからグルコサミンを作ることに成功しました。これが「植物性グルコサミン」です。
植物性グルコサミンは摂取目安量が比較的多く、一日あたり粒のサプリメントだとかなり沢山飲まないといけません。
グルコサミンは、生体の構成部分ですので、有害性はありません。ヨーロッパでは、医薬品として長年使用され、アメリカでも、1997年から多くの変形性関節症の方に、長期間使われてきましたが、これまで、異常は全く報告されていません。ただ、ごくまれにお腹がゆるくなったり、下痢気味になる人がいますが、一日の摂取量を減らせば、ほとんど納まります。
植物性グルコサミンは、こんな方へのおすすめです。
・関節が痛くて正座のしにくい方
・階段の上り下りがつらい方
・立ち仕事の多い方
・肌の乾燥が気になる方
・従来の動物性グルコサミン(エビ・カニ)ではアレルギー反応、副作用が出る方

 

 マイルドピーリング  ミニ株で株式投資  メールアドレスを簡単に1万個集める方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
植物性グルコサミン(2009年10月 2日)
グルコサミンの美容効果(2009年10月 2日)
グルコサミンの必要性(2009年10月 2日)
グルコサミンとは(2009年10月 2日)